東京電力 電力使用状況

無料ブログはココログ

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006.06.15

5万円台のシンセドラム

シンセドラム(最近はデジタルドラムと言うようだ)がなんと新品で5万円台で買えるモデルを発見。MEDELI 社製デジタルドラムDD502。 写真をみるとベーシックではあるが主要なパッドはすべてついている。これで5万円台とは驚きだ。。 。80年代初頭、シモンズのドラムの音を聞いて一瞬でノックアウト。憧れの楽器と化した。 有名どころでお茶の間に認知されたのはCCBだろうなぁ。シンセドラム使いではYMOのユキヒロなんかはシモンズやシン・ ドラム等色々使っていた。しかし当時は百万円くらいしていた。最近はRolandからかなり本格的なシンセドラムが発売されて、 サイレント楽器ブームもありそこそこ売れているみたい。ところでMEDELI社とはあまり聞かないメーカだ。香港メーカのようだ。 このドラムキットについて検索してみると、ちょっと作りが華奢だとか、やはり価格相応なところがあるようだ。 しかし誰でも手の届く価格で出したメーカを讃えたい。自宅でシンセドラムを叩けるなんて素晴しいことだ。

2006.06.14

サイレントヒル(映画)

プレーステーション用ホラーゲーム「サイレントヒル」 がハリウッド映画として7月に公開される。サイレントヒルといえば私が今までで最も恐ろしく寿命が縮まったゲームである。 ゲームはシリーズ4作まで出ているが衝撃度はやはり1作目がダントツであろう。あの常気を逸したド肝をぬく”裏世界” の表現は今思い出しても嫌な汗が出てくる。裏世界からなんとか表の世界に戻ったとき、 そこにはゾンビ犬がうろついていても平和に感じたくらいだ。また映像だけでなくサウンドもやややり過ぎなくらいにビックリさせられた。 あのラジオのノイズは致命的なくらい寿命が縮まった。2作目、 3作目となるにつれて映像等の美しさは格段に良くなっていったが衝撃度は減っていった。。。 映画の予告コメントなどを見ると1作目に近いストーリー設定のようなので、とても怖い映画になっているかも。

2006.06.03

イヤーレシーバー MDR-EX90SL購入

SONYイヤーレシーバー MDR-EX90SLが発売されたので購入した。最初SonyStyleで購入しようとしたら、 なんと在庫無し、予約いっぱいで購入NG。結局奥さんがビックカメラで見つけたので購入。さて、何日か使った感想は、”いいじゃん、コレ” である。音質はSONYの最近の売れ筋イヤーレシーバーにありがちな低音ドンドン型ではなく低音は控えめ。 そしてボーカル等の中音域ではSONYはいつもオブラートを巻いたようにフィルタがかかって奥まった感じだが、 90SLは声がかなり前に出てきている。でも決してうるさくならず聞きやすい。また高音域は音の解像度が高くスッキリハッキリ聞こえる。 デザインもアルミの筐体がカッコイイし音がカチッとしている感じがする。ただしカナル型のわりには遮音性は若干弱めで外の音がやや聞こえる。 。。というわけで、1万円くらいするが買い得感はあると思う。なおMP3 128kbpsのソース音源でもはっきりと音質が向上するのが分かるのでiPod等で使用しても充分満足いくだろう。 低音が物足りなければプレーヤー側でイコライザー補正すれば90SLは豊かな低音を素直に鳴らしてくれる。

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »