東京電力 電力使用状況

無料ブログはココログ

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006.07.30

DS Lite入手

 

じつはビックカメラでは金曜日のうちにDS Liteが入荷していた。 奥さんが別の用事でビックに行ったときに現場に居合わせたらしく、その場でGet!アイスブルーモデルを購入。。。DSLite筐体は、 さすが任天堂!と唸らせるほどの完成度。PSPに比べるととてもおしゃれでコンパクト、 それでいてゲーム機としての使い勝手は申し分ないデキだ。 ちまたでは子供がDSで遊んでいる光景をよく見るが子供に持たせるのはもったいない。画面も明るく見やすいし、タッチパネルの感度も良好だ。 そういえば任天堂はDSでもゲームソフト媒体はディスクではなくROMカードにしているが、使ってみるとその快適さを実感できる。 PSPのようなロードのもたつきが一切ないDSはゲームのテンポを損なわずプレイできてとても気持ちいい。 最近のゲームは高画質ムービーが入っていて当たり前のように言われていて、ROMだと高画質ムービーなどの収録は難しいが、 面白いゲームにそれは必ずしも必要な要素ではない。ゲーム機とはどうあるべきかを任天堂はよく知っている。。。 ニンテンドーDSはたった20ヶ月で国内販売台数1000万台に達した模様。

2006.07.29

DS Lite大量入荷

DS Lite大量入荷 src=
"http://jrdrive.way-nifty.com/photos/uncategorized/sa410009.jpg"
border="0" /> ビックカメラにDS Liteが入荷したようだ。バックヤードには大量の箱が見えた。

2006.07.23

デジタルポータブルプレーヤーの行方

フラッシュメモリやHDDを音楽記録媒体とするデジタルポータブルオーディオプレーヤーは、MD以来の大ヒットを飛ばしている。 記憶容量が大きいため大量の楽曲を持ち運べる点や、メカ等の構造が比較的小さい為小型でおしゃれなデザインが可能な点など、 売れる要素が揃っているのでメーカも力を入れているし売れて当然だと思うが、ここにきて買い替えユーザが一通り買ってしまい、 もうこの市場は下落する一方だとの見方がすでに出ている。そこで新たな付加価値としていくつかのメーカが注目しているのが”動画再生”機能。 。。。しかし私は”動画再生”にユーザが飛びつくのか少し疑問だ。オーディオの場合、楽しみかたは当然ながら「聴く」ことなのだが、この 「聴く」という行為は、歩きながらとか、買い物しながらとか、「ながら」が出来る点に利点がある。その昔、 装置が巨大なため家の中でオーディオの前に座ってでしか聞くことが出来なかった音楽をどこにでも持ち出せるようになったウォークマンの最大の魅力は、 音楽を聴くことに自分が束縛されなくなったことではないだろうか。前述のように、何かをやりながらどこででも楽しめる。。。。 ところが動画についてはどうだろうか。ポータブルになればたしかに外には持ち出せるのだが、歩きながら動画を見ていたら危険だし、 動画を見ながらお店で買いたい品物を探すのも無理だ。「見る」という行為は、他に何も出来なくなるので、「聴く」 のようにどこででも楽むようにはいかない。そこに音楽とは違う「ながら」が出来ない不便さがある。。。実際、通勤時に、 ウォークマンで音楽を楽しむのと、PSPでゲームや動画再生をするのでは、楽しめる時間は後者のほうは半分程度しかない。。。 よって動画再生機能を付加しても、オーディオと同じようにはいかないと思っている。「ながら」 のできる動画再生装置なんていうものがもし出来れば、大ヒットするかも。。

 

2006.07.21

極魔界村

CAPCOMの名作アクションゲーム「魔界村」シリーズ最新作「極魔界村」がPSPで8月3日に発売される。 魔界村といえば独特な世界観と緻密な描写で当時衝撃を受けたゲームである。 初心者お断りとでも言わんばかりの難易度で腕利きゲーマーも唸らせたほどであった。 アーマー姿の主人公アーサーは一度攻撃を受けると裸になり、もう一度受けると骨になり死んでしまうという斬新なシステムは残酷でありながら、 またコミカルでもある。必死に走る姿(でも遅い)もおちゃめ。前作の「超魔界村」 から15年たった本4作目はどんな魔界が待ち受けているのか、とっても待ち遠しい。ところで公式サイトには、 超魔界村後のアーサー空白の15年間が分かる実写ムービーが公開されているので必見(主演: 黒田アーサー)。  ラストの走り去るシーンは、アーサーそっくり。

 

2006.07.13

安西史孝のHP

作曲・編曲家 安西史孝氏のHPを発見!  安西史孝氏といえば、私が学生時代のころのアニメ「うる星やつら」のBGMを手がけた一人で、 シンセを大々的に使用しアニメ音楽の常識を塗り替えたヒトである。また優秀な作曲家集団”TPO” というバンドを組んで世界初の本格的デジタルサンプリングマシン「フェアライトCMI」を初めて本格的に使った日本人でもある。 それとか科学万博つくば’85の公式テーマソング「HOSHIMARU アッ!」の作編曲者でもある。 それとかシンセサイザー奏者富田勲の演奏を手伝ったこともある。それとかかなりの台数のシンセを所有してしかもちゃんと使いこなしているし、 それとか、、、と色々なシーンで活躍する安西氏のノリノリなシンセサウンドを当時私は聴きまくっていたのだが、いつしか暫く忘れていた。。。 ホームページを見ると最近はインディーズでソロアルバムを出したりアニメのサントラを担当したりして、まだまだ活躍しているようで嬉しい。 かなり熱い日記には業界の裏話などもあって読みごたえありそう。

2006.07.11

ストームトルーパーさんのページ

アキバで見かけたスターウォーズのストームトルーパー(というらしい)のコスプレをしていた本人のサイトを見つけた。 現在マイクロソフトのエンジニアみたい。アキバで見かけた当日はFirefoxの宣伝のお手伝いをしていたようだ。。。しかし、 サイトにはストームトルーパーの格好でなんと電車に乗っている動画があった。すごい度胸だ。これには笑った。 っていうかあんな格好で改札オッケーなのね。

 

2006.07.10

Majestouch「マジェスタッチ」 日本語108キーボード・かななし・黒

 

パソコンのキーボードは時々違ったタッチを試したくて、メカニカルタイプやノートPCタイプなど購入したものが家にいくつかあるが、 今回購入したダイヤテック(FILCO)製キーボードはキースイッチにちょっとこだわりのあるタイプ。ドイツCherry社製MX Tactile Feelキースイッチ(茶軸)を使っており、スムーズで指に適度に絡みつく軽快感のある打鍵だ。 この手のスイッチを採用したものは万を超える高額ものが多い中、これは1万円以下で買えるので少しお買い得感はある。また、 ひらがなの刻印が無いのですっきりしている。

2006.07.09

サーバPC故障

 昨年12月に買った自宅サーバマシンが壊れた。POWERスイッチを押しても起動出来なくなってしまった。 まだ保障期間内だったので購入した店に修理に出すことにした。店はアキバにあり、直接発送も出来るのだが送料が自己負担。 どうせなのでアキバまで持っていった。久々のアキバ。今日はホコ天をやっていた。店のサービスセンターで早速PCを渡して用事を済ませた。 その後はあまりゆっくりする時間が無く、ほとんど物色せずに帰った(別ブログで紹介のキーボードのみ購入)。 ホコ天では最近すっかり流行のメイド姿の子がビラを配っている光景をそこらで見かけた。そんな中、 スターウォーズの戦闘服の着ぐるみコスプレ(しかも素人のようだ)を発見!ちょっとこれはやり過ぎだろ。 しかもコスプレしてる他の女の子たちに片っ端から近づいていたし。新手のナンパか?

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »