東京電力 電力使用状況

無料ブログはココログ

« 極魔界村 | トップページ | DS Lite大量入荷 »

2006.07.23

デジタルポータブルプレーヤーの行方

フラッシュメモリやHDDを音楽記録媒体とするデジタルポータブルオーディオプレーヤーは、MD以来の大ヒットを飛ばしている。 記憶容量が大きいため大量の楽曲を持ち運べる点や、メカ等の構造が比較的小さい為小型でおしゃれなデザインが可能な点など、 売れる要素が揃っているのでメーカも力を入れているし売れて当然だと思うが、ここにきて買い替えユーザが一通り買ってしまい、 もうこの市場は下落する一方だとの見方がすでに出ている。そこで新たな付加価値としていくつかのメーカが注目しているのが”動画再生”機能。 。。。しかし私は”動画再生”にユーザが飛びつくのか少し疑問だ。オーディオの場合、楽しみかたは当然ながら「聴く」ことなのだが、この 「聴く」という行為は、歩きながらとか、買い物しながらとか、「ながら」が出来る点に利点がある。その昔、 装置が巨大なため家の中でオーディオの前に座ってでしか聞くことが出来なかった音楽をどこにでも持ち出せるようになったウォークマンの最大の魅力は、 音楽を聴くことに自分が束縛されなくなったことではないだろうか。前述のように、何かをやりながらどこででも楽しめる。。。。 ところが動画についてはどうだろうか。ポータブルになればたしかに外には持ち出せるのだが、歩きながら動画を見ていたら危険だし、 動画を見ながらお店で買いたい品物を探すのも無理だ。「見る」という行為は、他に何も出来なくなるので、「聴く」 のようにどこででも楽むようにはいかない。そこに音楽とは違う「ながら」が出来ない不便さがある。。。実際、通勤時に、 ウォークマンで音楽を楽しむのと、PSPでゲームや動画再生をするのでは、楽しめる時間は後者のほうは半分程度しかない。。。 よって動画再生機能を付加しても、オーディオと同じようにはいかないと思っている。「ながら」 のできる動画再生装置なんていうものがもし出来れば、大ヒットするかも。。

 

« 極魔界村 | トップページ | DS Lite大量入荷 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: デジタルポータブルプレーヤーの行方:

« 極魔界村 | トップページ | DS Lite大量入荷 »