東京電力 電力使用状況

無料ブログはココログ

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006.08.29

能力トレーナー・ポータブル2

 PSP用ゲーム「能力トレーナー・ポータブル2」をプレイ中。能力トレーナーポータブルは、 DSのソフトでもヒットしている”脳を鍛える”系のゲームだ。これは続編。従来の四則演算や図形問題に加え、 あみだくじやじゃんけんなどのジャンルが増えてより脳の使い方が増えているようだ。 しかしなにより2作目で変わったのは脳年齢を測定できるようになったこと。これはゲームを続ける要素として効果大。 脳年齢をチェックしたいと思う気持ちから毎日プレイしたくなるからだ。っていうかこういう脳年齢のような結果が残らないと、 これ系のゲームはすぐに飽きてしまうだろう。。。。ところでこの手のゲームの脳年齢測定方法は、おそらく” 間違えずにいかに早く問題を解くか”だと思われる。脳年齢を若くするには問題を早く解けばいいと思うが、ゲーム機であるがゆえの弱点がある。 問題の答えが脳で分かったとしても、結局正解を早くボタン入力できないと意味が無い。そう、ボタン操作が遅ければ脳年齢は若くならないのだ。 例えばこのゲームで、かの16連射の達人・高橋名人と脳年齢を競ったとして、高橋名人よりも早く頭で問題が解けたとしても、 キー入力が人間離れして速い高橋名人のほうが先に入力して早く解けた、ということが起こってしまう。 悲しいかな高橋名人のほうが脳年齢が若い、 ということになってしまうのである(高橋名人の脳が老人だと言っているわけではありません(笑))。 結局これ系のゲームの脳年齢が表すものは、頭の柔らかさではなく指先の柔らかさなのではないだろうか。。。

2006.08.27

カズオ

 

PSP用ゲーム「カズオ」をプレイ中。このゲームは一般に知られている「数独」と呼ばれる数字パズルゲームである。ので、 そのゲーム性については検索いただくとして、カズオの特徴としては、難易度が4段階から選べる、問題数は全1000問、 数字の仮置きが出来る、などであろう。頭の体操として良いし、短時間でも遊べるし、それでいて1000問もあるので気長に遊べるのがいい。。 。しかし個人的にカズオで気に入っている点は、サウンド!。BGMがとっても心癒されるアンビエントなミュージックなのである。 とてもセンスがいい。それから数字を置く時のパシュンという音とか、とにかく頭が落ち着いてプレイに集中できるのである。 っていうかプレイを中断してBGMだけを聞き続けていても頭がリラックスするだろう。

2006.08.26

結石排出

 石が落ちた。そこそこ痛んだ後になんか膀胱に落ちた感覚がしたので、 病院でもらった結石採取容器(紙コップの底を網に細工したもの)を使っておしっこした。すると石を採取することができた。もう痛みはない。 少々きたないが採取した石を画像にとっておこう。大きさは2mm弱。硬さは石のように硬く、ギザギザして先端がとがっている部分もある。 これじゃあ尿路を切りつけながら移動するので血尿も出るし痛いわけだ。。。

2006.08.22

極魔界村

 CAPCOMのPSP用ゲーム「極魔界村」をクリアした。いやはや今回も期待を裏切ることなく脅威の難易度であった。 極魔界村は難易度を選択することができ、今回はBIGINNERモードでプレイしたがそれでも瞬殺の連続。 巧妙に仕掛けられたトラップや敵の配置に見事にひっかかってしまい、悔しさで一杯になるのだが、このゲームはなぜか”もう一度やってみよう” という気にさせる。グラフィックは格段に綺麗になってPSPの液晶画面で表現できる限界くらいの緻密さである。 従来同様横スクロールだが擬似3D化されていて奥行き感が物凄い。今回はシステムが少し変わって、 大きく5つに分かれたステージを自由に行ったり来たりできるようになった(ただしアイテムが必要)。 また特定のアイテムにより空を飛べたりもできるなど操作のバリエーションも増えた。しかしそれでもラスボスまでの道のりは険しく、 果てしなく遠く、何度もやられて敵のパターンを体で覚えてクリアしていく魔界村シリーズ独特の世界は、疲労感バツグン。。。。。 なおネタバレであるが、エンディングの内容を見た限りでは2週目は別のストーリーがありそうだ。2週目が真のエンディング、、 これも魔界村シリーズの掟。。。

2006.08.20

結石が発動

ウィルスによるダウンから復活したのもつかの間、東京に戻る支度をしていたら今度は腹が痛くなってきた。トイレに行くと少し尿に色が。。もしや。。。しばらくすると背中が痛くなって脂汗がててきた。これは結石だと思い病院に連絡。先日かかった病院はひ尿器科の先生がいないため他を探す。幸いやっているひ尿器科があったので向かう。すでに激痛で動けない。父の車で病院に着いてまず座薬を使うが痛みは引かず鎮痛剤を筋肉注射した。一眠りして痛みが治まってから検査。レントゲンに写らない程度の大きさとのことで、また尿で流しだす療法だ。とりあえず今は痛みは治まっているが、東京に戻れるのか。。

2006.08.19

FASHION CRUISE

FASHION CRUISE

王様のブランチでも紹介された、ひたちなか市にオープンしたショッピングモール゛FASHION CRUISE゛に行ってみた。駐車場収容10000台というのもすごいが、併設するジョイフル本田と合わせた売り場面積もなかなか広い。見て歩くのに、病み上がりの体にはかなりきつかった。しかし中身はというとまぁ一般的なお店が多く、また来ようっという感じでもなかった。

2006.08.18

実家の庭にて2

実家の庭にて2

スイカも実がなっていたが小さいのでまだ食べれそうにない。。

実家の庭にて

実家の庭にて

体調が少し回復してきたので庭を散策。プチトマト食べごろ。味はなかなか甘かった。

2006.08.17

帰省で療養中

帰省で療養中

茨城の実家に帰省。しかし帰省する際に何かのウィルスを拾ったらしく、着いてすぐ下痢、吐気、発熱、悪寒、体の痛みでダウン。奥さんも以下同文。夏期休院中であった病院に夜間受付で診てもらった。幸いにも子どもは元気でよかった。実家だったので親に頼れたのは不幸中の幸い。親のありがたみが身にしみる今日このごろ。。

2006.08.12

ガソリン、8月は高速道路で給油するとお得

 8月になってガソリン価格が大幅に高騰した。 ちまたの給油所ではレギュラー1リットル当たり140円台半ばくらいまでハネ上がった。。。 しかし高速道路の給油所ではなんと137円となっている。高速道路会社では給油所で不当な高値販売が生じないよう、 ガソリンの上限価格を毎月設定している。前月の給油所石油製品市況週動向調査の全国平均価格により決めているらしい。 値上がり前の7月中での平均価格からとなるため上限が137円に設定され、場所によっては高速で給油したほうが大幅に安くなると思われる。 ということで8月は高速道路での給油がお得。

2006.08.06

F1ハンガリーGPでHONDA優勝

F1 第13戦ハンガリーGPでJ.バトンが優勝した。マシンはもちろんHONDAレーシング。ハンガロリンク・ サーキットは前日からの雨でウェットから始まりドライへ変化する難しいコースコンディション。M.シューマッハ、F.アロンソ、 K.ライコネンらが次々にリタイヤする中、バトンは2位に30秒以上あけてフィニッシュした。 長い苦労の末やっと優勝を手にしたJ.バトンのとても嬉しい表情が印象的だったが、それよりも表彰式でコンストラクターズのための「君が代」 が流れた時は鳥肌が立つくらいの感動であった。。。 今度はぜひとも佐藤琢磨に表彰台に上がってドライバーズチャンピオンとして君が代を鳴らして欲しい。

2006.08.03

ニュー・スーパーマリオブラザース

ニンテンドーDSソフト「ニュースーパーマリオブラザース」をクリアした。あいかわらず楽しいゲームであり、 夢中でプレイしてしまった。マリオの基本システムは従来と変わらず、 ただし巨大なマリオになったり新しい敵キャラがいたりと新鮮な要素も満載。 しかしなによりも楽しいのはやはりコースの絶妙な作り方とキャラの可愛らしさだ。 前半は敵を連続的に倒せたりアイテムを山ほどゲットしたりと、気持ちいいテンポで進む。 後半は攻略法を考えながら進む腕利きのプレイヤーでもやり応えのある難易度だ。全体的によくまとまっていてスキがなく安心して楽しめる。 キャラのコミカルな動きも見事。クッパJr.等の敵キャラであってもかわいい。。。今回のマリオ、あえて残念な点をあげるとすれば、 今回新しく設定された巨大マリオの効果が今ひとつなかったこと。効果的な使いどころがあまりなかった。 私が気づかなかっただけなのかもしれない。特定のボス戦では有効であったが。。。今回も恒例の隠しエリアが用意されている。 最終ボスを倒してエンディングは見たが、まだ行っていないエリアがたくさんあるのでまだまだやめられそうにない。

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »