東京電力 電力使用状況

無料ブログはココログ

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007.06.30

DS lite セカンド

 

DSCF1408

奥さんは昼間息子を寝かし付けるときに手が空くから必要だし、私も通勤電車の時間つぶしに使いたい。というわけで2台目を購入。 色はジェットブラック。黒く輝く化粧版が美しい。でも指紋とかが気になるかも。。。手にしてみて改めて思うがDS Liteは本当に良く出来た携帯ゲーム機だ。2画面表示、タッチパネル、GBA互換、電池の持ちもまずまず、 っと携帯ゲームでおよそ欲しい仕様がほとんど入っている。それでいてコンパクトでおしゃれなデザイン。素晴らしい。あえて重箱つつくなら、 そうだな音量ボリュームは電子式でしっかり調整できればなおいい。

2007.06.28

R2-D2 DVDプロジェクター

ラジコンで有名なニッコーがホームエレクトロニクス分野に参入。その第一弾はなんと STAR WARSのR2-D2型DVDプロジェクター! 大きさは本物の1/2ながら、細かいところまで丁寧に作りこんである。 ファルコン号型のリモコンで動かすことも可能。そして映画でみたような、映像を投影できるプロジェクターを頭部に内蔵! レイア姫のホログラフは残念ながら投影できないけど(笑)、部屋に置いたらカッコイイだろうなぁ。。でも40万円くらいするみたい。。。 限定1000個、2007年秋販売予定。

2007.06.16

芝刈り機 PAB-1600

DSCF1391

庭にはった芝が少し伸びてきたので、芝刈り機RYOBI製PAB-1600を購入。 芝刈り機というとタイヤが付いていてゴロゴロ動かして芝を刈り込むイメージがあるが、これは小さい面積を対象とする電動バリカン式芝刈り機。 通常バリカン式はアイロンのような形をした本体のみだが、これはポールが付いており、立ったまま芝刈りが出来る。ポールは取り外しが可能。 芝刈り機の仕組みは単純で、2枚の刃が動いて芝を切り刻む。なお高さ調節が付いており、底面から刃面までの高さを調節出来て、 芝の刈る高さを自由に変えることが出来る。使ってみた感想は、けっこう簡単に芝刈りが出来た。新品だからか、 ぜんぜんひっかること無くシャリシャリと芝が切れて、なかなか気持ちいい。5坪くらいの庭なら20分くらいで終わってしまう。 なかなか良い商品だ。。。。しかし問題は刈った後。刈った芝を取り去るのが意外と大変。ホームセンターで熊手がいいと聞いて、 買って試してみたがほとんど集まらない。なんか掃除機の逆のようなやつで吹き飛ばすのがいいんじゃないかと思った。

DSCF1399 刈った後の芝。青々とした芝生がいい感じ。

コクワガタ

kokuwa

 

庭でコクワガタの死骸を見つけた。まだ死んだばかりなのかとても綺麗な状態。「ほう、ここはクワガタがいるのか、大自然っていいなぁ」 と、ここが田舎なのを改めて実感。ところで冷静に考えてみるとまだ6月。出てくるには早すぎないか?

2007.06.10

生ごみ処理機 MS-N48

DSCF1386

ナショナル生ゴミ処理機MS-N48を購入。本製品はゴミをかくはんしながら温風を当てて、生ごみを乾燥・除菌・縮小するというもの。 これを使うことで、生ゴミを乾燥させて容量が小さくなるのでゴミだし回数が減る、生ゴミをすぐに乾燥処理できるので生臭い匂いが出ない、 処理したゴミを園芸用肥料にできる、などの効果がある。実際に処理した様子は画像を見てもらおう。使ってみた感想は、 たしかに上記の効果を得ることが出来て満足度は高い。ただし気になる点も少し。まず運転音がそこそこ大きいこと。 多分かくはんしている音だと思うのだが、処理中は常時ゴロゴロと音がしている。エアコンの室外機の音より少し大きいくらいで、 せまい空間で使うとかなり気になるかもしれない。あと、温風でこげたゴミは独特の匂いが少しする。くさい匂いではなく、 例えると焼肉で野菜を焼いてそのうち黒コゲになった時の匂い。ただし蓋を開けたときだけ匂うので気にならないレベル。そして最後は価格。 実売は\59800だったのだが、モノとしては温風を出してかくはんしてタイマー機能がある程度。これに\59800とはちょっと痛い。 なお生ゴミ処理機は地方自治体で助成金制度の対象になるケースが多く実際は安く済む場合が多い。が、 うちの市は助成金対象外でしたorz

DSCF1387

蓋を開けたところ。底にかくはんするナイフのようなものが見える。

DSCF1388

生ゴミを入れてみる。見栄はってメロンをw 処理できる量は平均ゴミ6人分程度まで。

DSCF1390

処理後のゴミ。見事にカラカラに。容量も1/10くらいになってます。処理は数時間かけてゆっくり。

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »