東京電力 電力使用状況

無料ブログはココログ

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007.09.26

Perfume

Perfumeというアイドルユニットを知った。最近ではNHKの環境保護キャンペーンのCMソングにも適用されているらしい。で、 このユニットに興味を持ったのはそのサウンド。中田ヤスタカという若手作曲家がほぼ全曲を手掛けているのだが、アップテンポのメロディ& リズムはテクノポップとしてとても完成度が高い。軽くはじけるリズム、単調なループにならない絶妙に変化するコード(ちゃんとサビもある)、 そして空白を適度に埋めるピコピコ音アルペジオはとてもツボを抑えている。あと、おせっかいなほどの繰り返しフレーズは洗脳されます。。。 ところで主役のアイドル3人のボーカルだが、強力にAuto-Tuneされてしまっているので歌唱力は分かりません。 まぁ楽器の一部ということで。 。。orz

この曲のフレーズは頭に焼きつきます。木村カエラもお気に入りとか。

2007.09.16

またサボり癖

またブログの更新をサボッてた。6月終わりころからの記憶を頼りに復活中。。

息子2歳

息子が2歳を迎えた。最近イヤイヤが増え、夜泣きもひどくなってきて大変な毎日だが、 だんだん子供っぽい動きが増えてくるのを見ていると楽しいものだ。おかげさまで大きな病気もせずすくすくと育ってくれている。 さて誕生日はケーキの他にトミカの「高速道路にぎやかドライブ」を買った。トミカの構造物モノって子供のころの憧れだったなぁ。 自分の時は買ってもらえなかった。。。息子は黙々と車を走らせて夢中になっていました。

DSCF1637   DSCF1625

2007.09.13

ドクター中松の特許

仕事で特許の公知例を調べる必要があり色々見ていたら、たまたまドクター中松の特許を見つけた。 調べてみると100件近い特許があった。特許ってなかなか思いつかないので、 ほんとうに多くの特許出願をしているドクター中松にちょっと感心して内容を見てみたら、なんじゃこりゃ?なものがたくさん。中でも圧巻は 「人メディア」 。発想も凄いが図も凄い。こんなんで採用されるのかっ!? この特許ってチンドン屋とか多くの人が該当することになっちゃうのでは??

2007.09.09

ぐりんぱ

富士山のふもと、南富士エバーグリーンラインの途中にある「ぐりんぱ」に行ってきた。 ここは子供向けのちょっとしたテーマパークみたいなところ。富士山のふもとなので結構な標高のところにあるのが凄いが、 南富士エバーグリーンラインの途中なのでたどり着くまでに結構お金がかかるのも凄い!  中は某TDLと違ってゆったりとしたレイアウトになっていて良い。アトラクション系は子供向けなのでたいしたものは無いが、 シルバニアファミリーシリーズやウルトラマンのエリアがあり、子供は充分楽しめるのではないだろうか。中でもいいのは、 おもちゃファクトリーのプレイゾーンというところ。無料でプラレールやトミカ、乗り物などのおもちゃで遊べるエリアがある。 案の定息子は目の色を変えてプラレールとか色々遊びまくっていた。 出入り口が一つだから子供がいなくなる心配も無く安心して遊ばせられるので、隅っこで疲れ果て眠っている親の姿が結構あった。 親も子供も喜べる場所だ(笑)。2階部分にはWiiがいっぱい置いてあった。東京のお店なら遊ぶのに待ち状態になるが、ここはガラガラ。 遊び放題。。。ぐりんぱはのんびりするにはいいところだった。ただし山あいなので天候が変わりやすい。 来た時はピーカンだったのに帰りはどしゃ降りになった。

DSCF1580 DSCF1588

2007.09.01

大鉄道博

両国にある江戸東京博物館で開催中の大鉄道博に行ってきた。昭和の鉄道についての説明パネルに備品や模型の展示があった。 半分以上は模型の展示のような感じだ。Oゲージ(おそらく)の車両がたぶん百両以上展示されているコーナーは、なかなかの見ごたえ。 個人所有のものが多く、普段どこにしまってあるのだろうと思うくらいの数だ。0系新幹線のフル編成はすごい長さだった。 それから風景付きのレイアウトモジュールの展示。たぶんこの分野では有名な方のものなのだろうが、もの凄い作りこみの町並みは、 絶句ものだった。。。大鉄道博そのものの内容は思っていたほど大掛かりな展示ではなく、子供連れにはちょうどよかった。

DSCF1532 DSCF1525 DSCF1535

模型の展示物。新幹線はフル編成ですごーく長い。ほかにもいっぱい。

DSCF1542 DSCF1537

列車のプレートの実物も展示されていた。ブルートレインのプレート。欲しかった。

DSCF1566 DSCF1559

模型です。すごい作りこみ。

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »