東京電力 電力使用状況

無料ブログはココログ

« 2009年3月 | トップページ | 2009年6月 »

2009.05.23

RX-8ヘコむ

今日は風が強かった。我が家の駐車場は普段rx-8の脇に原チャリが置いてあり、その原チャリには園芸用のフェンスが立てかけてある。 で、強風でフェンスが押され、ついには原チャリが倒れてしまったようだ。しかもRX-8側に。どうも原チャリのミラー(樹脂) が当たったようで、右フェンダーにはその軌跡が残っていた。黒いスリ跡はクリーナーで落ちたが、その下から現れたのは凹んだボディだった。 幸い樹脂製のミラーだったため塗装が剥がれることなく凹んでいるだけなのだが、10cmくらいの範囲はありそうだ。 近くのカーコンビニに行って見てもらうと、パテ盛りして再塗装とのこと。塗装は傷んでないのに再塗装はイヤなのでペンディングに。 どうしよう。こんなお店を見つけたので今度相談してみよう。

DSCF0331 中央部の窪み。見えづらいが一直線ではなくコの字状に凹んでいる。

2009.05.11

娘1才!

DSCF0311

下の娘が1才を迎えた。あっという間であった。大病もなく無事に成長してくれて良かった。 上の子と比べると二人目なので育児に関して心配することはなかったが、 上の子もいるので二人面倒をみなくてはならないのが大きな違い(負担)であった。特に上の子は知恵がついてきてイタズラし放題だし、 下の子に嫉妬して赤ちゃん返りがひどいし。毎日怒りをこらえて育児に専念、という感じだ。 でもまぁ時々見せる笑顔や寝顔に救われるのであるが。一方、下の娘はまだあどけなくてついつい可愛がってしまうのは仕方ないか。

2009.05.10

ハチの巣駆除

先日、玄関ドアの上にハチの巣があるのをたまたま見つけた。どうもアシナガバチのようで、 まだそんなに大きな巣ではないが、刺されたらたまらないし、放っておくとハチが増えてしまうので、 ハチには申し訳ないが早めに駆除することにした。アシナガバチなら自分で駆除出来るだろうと、 色々調べてみるとハチ用の駆除スプレーがあるらしいのでホームセンターで買ってきた。アース製薬の「ハチアブ マグナムジェット」 。実売約1200円、普通のフマキラーに比べるとだいぶ高価だ。約10m先まで噴射してくれ、ハチから離れてても届くので安心だ。 ハチは夕暮れから明け方にかけて活動が鈍るらしいので夕方まで待ってから試してみる。巣には親バチが1匹いた。 3mほど離れたところからジェット噴射。かなり強力な噴射。ガスの圧力も凄いが噴射される薬剤の量も凄い。 内容量550mlだが45秒で全量噴射されると書いてある。 3秒ほど噴射すると親バチがすぐ下に落ちた。 すかさず親バチに向け数秒噴射するとピクリとも動かなくなった。即効性あり。その後念のため巣にも数秒噴射。 たった数秒なのに家の壁が薬剤でビチョビチョになった(すぐ乾くが)。そのあと棒でつついて巣を取り除いた。 巣の各部屋には1mm程度の卵が産み付けられていた。

DSCF0301ハチの巣

DSCF0298アチアブ マグナムジェット

 DSCF0302 噴射直後の親ハチ。もう動かない。

DSCF0303  巣を取り除いた後。

 

2009.05.04

自家製さくらんぼ

DSCF0277 DSCF0280

戸建に引っ越してから植えた、さんくらんぼの木。2度目の春の今年、ついにその日が来た。 去年は花が咲いて数個ほど実が膨らんできたものの、気がついたら鳥たちに食べられてしまった。今年も花がけっこう咲いたので、 鳥よけネットを買って木を包み込んだ。葉を食べる虫もいたので、一匹一匹駆除した。そうして5月に入り、実が膨らんで赤くなった。 大きさは売っているさくらんぼに比べると一回り小さい。食べられるのだろうか。。一つ取って恐る恐る口に入れてみると。。。おぉ美味しい!!  味は売っているのと変わらない、というかヘタな売り物より美味しいぞ! 実は20個ほど取れた。まだこれから赤くなるのもあるので、 全部で40個程度はできただろうか。自家製さくらんぼ、最初は遊び半分で買って植えた苗木が、こんなに実をつけるとは思ってもみなかった。 大満足。

2009.05.03

水戸市森林公園

DSCF0270 DSCF0257

茨城の実家の近くに森林公園がある。20年も前に一度行ったことがあるが、恐竜の像以外ほんと何も無かった記憶しかなかった。 今回家族で20年ぶりに行ってみた。するとどうだろう。森林浴ができるし、すごく広いし、なかなかいいところではないか。恐竜の像以外には、 長ーい滑り台もある。それから販売所「森のシェーブル館」では、ナチュラルチーズコンテストで優秀賞をとったヤギ乳や牛乳を使ったチーズや、 ソフトクリーム等の乳製品を販売している。子供連れには十分楽しめる場所である。なお、恐竜の像と遊んだりすべり台で遊ぶ場合、 山あり谷ありの敷地なので体調が少しでも悪いときは行くのをお勧めしない。

« 2009年3月 | トップページ | 2009年6月 »