東京電力 電力使用状況

無料ブログはココログ

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009.09.22

TPO TPO1-25th Anniversary Edition

世の中にCDが出始めた頃、私はまだレコード派であった。CDのドギツイ音よりもレコードの耳当たりのよい音が好きだったからだ。そんな私がどうしてもCDで聞きたい!と思って最初に買ったCDがTPOのTPO1というアルバムだ。CD黎明期、まだ\3800で販売されていた1983年の作品。TPOは、安西史孝、岩崎工、天野正道、福永柏の4人からなる集団で、日本で初めてフェアライトCMIという当時1200万円もするサンプラ・シンセサイザーを本格的に導入した人たちである。その頃シンセサイザーを使ったミュージシャンといえば、富田勲やYMOがあまりにも有名であったが、私はTPOがそれらに匹敵するくらいの存在だと思っていた。一般にはほとんど知られていないが、TPOの存在を知る人はみなその音楽性を高く評価しており、すでに廃盤となった83年のCDがオークションに出されて7万円の値をつけたという話がそれを裏付ける。そしてこの作品が25周年記念として2月に再登場した。しかも追加音源付きで。じつは私は最近まで知らなくて、たまたまネットで見つけてビックリ仰天して一瞬のうちに購入ボタンを押した。TPOについてはそれまで結成の理由とかが謎に包まれていたのだが、このアニバーサリーエディションには本人たちによる当時についての解説の冊子が付いておりそこで明らかにされている。この内容がとにかくもの凄く衝撃的で、SONYがCD普及の戦略として華々しくデビューさせようとしたがうまくいかなかったことや、CDの特性のために曲を書き直さなければならない苦悩(安西氏はヤケクソと表現しているが)など、がたくさん書かれていて、かなりインパクトのある内容だ。代表作DAWNINGがあんな経緯で作られていたとは思ってもみなかった。80年代の電子音楽に興味あるかたはぜひこのCDを聴いて、そして記事を読んでみて欲しい。ちなみにTPOは遡ること85年の’つくば科学万博’でテーマ曲やパビリオンのBGMなどを提供していたが、今回のアニバーサリーエディションの売り上げがよければ、その万博関係の曲を集めたアルバムも出すらしいので、ぜひみなさんご協力してほしい。

2009.09.21

両親・兄家族 来訪

茨城に住む両親と兄の家族が我が家にやってきた。今の家に引っ越してからは初めての来訪である。きっかけは兄から突然こっちに遊びに来るとメールが来たこと。じつは兄は前から遊びに来たがっていたのだが、なかなか時間の都合がとれなかったらしい。まぁ遊びにくるといっても何するでもなく、家の中を見てまわって、あとはだべって、という感じなのだが、それでも遠路はるばる両親を連れて来てくれて、とてもありがたいことだ。両親にも家の様子を(いちおうちゃんと生活してるところを)見てもらって少しでも安心してもらえたら幸いである。。。ところで今日の来訪は日帰りで来てもらったので、みんな疲れただろうし、さらにシルバーウィークのUターンラッシュが始まって渋滞もあったらしく、大変申し訳なかった。こんど来る時は泊まりの準備をして来てもらおうかな。

2009.09.20

ミノムシ

最近めっきり見かけなくなったミノムシを庭のシャラの木で発見。wikipediaによると最近、外来種のヤドリバエによる寄生により生息個体が激減しており、各自治体で絶滅危惧2類に登録されるようになってきているとのこと。息子は物珍しそうに見ていた。しかしやっぱりここは田舎なんだなぁ。。

2009.09.19

接触事故

先日、RX-8で接触事故の被害。ぶつかったのはなんと、軽トラックの荷台から突然傾いてきた角材。。。道路を走行中、対向車線の軽トラックから突然目の前で角材がこっちに向かって倒れてきた。避けきれるはずもなくガコンという音。振り返ると、すれ違った軽トラックの荷台から角材がブラ~ンとはみだして引きづっている。相手も気づいたらしく止めて降りて角材を元に戻そうとしている。すぐにUターンして運転手を呼びとめ、警察を呼んで事故調書を取ってもらう。車は右前バンパーに傷が付いていた。 相手が全面的に非を認めているため、相手の連絡先を聞き、修理代を後日請求することに。こちらはディーラーに連絡。後日ディーラーで見積りをしてもらう。バンパーの傷は表面的な傷で大したことはなかったが、被害事故だし元通りに戻すのが原則、新品交換をお願いした。あと修理の間の代車費用も請求できるので見積りに加えた。さて次は相手の(物損事故なので)任意保険の連絡先を聞こうとしたのだが、なんと相手が任意保険に入っていないことが判明。しかも会社の車らしい。非常識な人間がいるもんだと思いながら、支払いはどうするんだ!?と聞くと、会社から支払うということなので、見積り額を教えてディーラーの口座に振込んでもらうことに。振込みが確認できた後、部品注文してもらい交換した。今回は相手が素直に対応してくれたのでこじれることはなかったが、それにしても任意保険に入ってないとは恐ろしい。もし相手に大ケガをさせたら、その賠償はどうするというのだろう。。

2009.09.16

息子4歳

息子が4歳になった。今年度から幼稚園が始まり、息子にとってこれから新たな世界を色々体験していくことになるだろう。さてその息子、最近は口ごたえがエスカレートしてきたり、娘にちょっかいを出したり。もっともっとりっぱな子供に成長してもらいたいと願うばかりだ。。。誕生日には友人のRUVIちゃんやMAKさんがかけつけてくれた。また青梅市新町にあるケーキ屋パルティールで注文したケーキは息子の大好きなシンケンジャーが見事に再現されていた。さぞかし息子は喜んだことだろう。

2009.09.06

多摩テック 2回目

ひと月半ほど前に義父と多摩テックに行ってきたが、息子に好評だったのでまた行くことに。自宅から車で1時間以内で行ける上に、前回行ったときはけっこう空いていてほとんどのアトラクションに乗ることができたので、気軽に楽しめる印象があった。今回も開園時間ころに着くように出発したのだが、駐車場の手前1キロあたりで突然渋滞に遭遇した。まさかと思ったが、なんと多摩テック渋滞だったのだ。きっと閉園する前に行っておこうという人たちがこぞって集まってきたのだろう、前回と違う光景にビックリ。かなり長い時間かかって駐車場に入った。それから入場券を買い、一番人気の「アクロエックス」にとりあえず息子とダッシュする。が、長蛇の列。最後尾の看板は2時間待ち!しかたない息子は義父と奥さんに任せて私が順番待ちをする。途中で奥さんと交代したりして、やっとのことで順番が来た。待った借りは返してやるぞと真剣モードでドライビングして見事100点満点Get。もう昼になっちゃったので、メチャ混みのフードコーナーでなんとか昼食を済ませ、次は前回待ち無しで乗れた「ガリオン」へ。しかしここも45分待ち。。乗れた頃には疲れて汗だく状態なので、ガリオンの空中飛行がじつに心地良かった。その後は息子を幼児向けのアトラクションに数回乗せて終わり。前回と違い今回は5コ乗れただろうか。。みなヘトヘトに疲れて出口へ向かう。すると幼児向けにレーシングスーツを着用できるコーナーを発見。着替えて記念写真。すごく嬉しそうな息子であった。。

2009.09.05

ナナフシ

庭にナナフシがいた。普通、草ムラとか山とかにいたりすると思うのだけど。やっぱりここは田舎なのか。。

2009.09.02

息子:水疱瘡

娘の水疱瘡から2週間経った8/30、上の子の背中にもポッチができているのを発見。次の日には水疱が少し増えたので病院に行くと水疱瘡と診断された。まぁ同じ屋根の下で暮らしているのだから当然といえば当然だ。水疱瘡は小さい頃に罹ったほうが軽症ですむと言われているので、まぁ移って良かったのだろう。上の子のほうが水疱の数が多く、3~4mmの大きい水疱も何個かあるので、やっぱり発症は早ければ早いほどよさそうだ。

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »