東京電力 電力使用状況

無料ブログはココログ

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011.01.22

古いお札を収める

我が家は毎年、川崎大師で厄除けのお札(ふだ)を頂いてくる。古くなったお札は、持っていって納める(お焚き上げしてもらう)のだが、今年はうっかり持っていくのを忘れてしまった。しかし川崎大師にまたいく時間もないし。そこで古いお札を納めに、我が家からそう遠くない拝島大師にいってみた。すると窓口の人に”受け取りできません”と言われてしまった。その人の話によると、お札は頂いたところに納めるべきだとのこと。それはもっともだが、なかなか行けない事情があり困っていると言ったのだが、”宗派も違うし、失礼だ”、などと言われてしまった。あくまで自分のところのお札しか受け取らない様子。 そんなこと言われても、ではひとからもらったような、場所が分からなかったりするお札やお守りはどうすればいいの? とか考えながら、しょうがないので、立川にある諏訪神社に行ってみた。すると、なんとこころよく受け取ってくれたではないか。こんなにも対応が違うことにビックリだし、困っていたので、受け取ってくれた諏訪神社に感謝の気持ちだった。 一方先に行ったほうはというと、受け取らないと言ったわりには、持っていたお札がどんなものなのか興味本位で見せてくれ、とか、これはいくらくらいの値段なのか、とか、理解しがたい対応をされ、もう二度と行くまいと心に誓ったのであった。

2011.01.15

厄除け

厄除け
川崎大師なう

2011.01.06

PS3 赤ランプ点滅故障について考える

今回起きた赤ランプ点滅故障は、ヒートガンによる加熱で復活できたことからハンダクラックによる接触不良が発生していた可能性が高い。1年以上使用しているPS3がハンダクラックを起こすのは、非常に発熱するチップがあるため基板や部品がそれぞれ異なる熱膨張・収縮を繰り返し起こすことでハンダに疲労が生じたことと思われる。これは温度変化が大きいほど影響が大きい。うちのPS3の場合torneの録画履歴より、壊れたのは家族が正月帰省している時のこと。家は留守のため人はいないし熱源も止めてあるので、夜間など室温がだいぶ低かったはず。そんななかtorneの年末予約録画でPS3が動いたり止まったりしていたので、普段よりも過酷な温度変化が起きていたと思われる。

「PS3は発熱するから夏は熱暴走に注意!」とよく言われるが、じつはもっと怖いのは寒い冬だったりするのではないだろうかと思ったのであった。

とりあえず初期型使われてるかたは、データのバックアップしておきましょう。(torneは壊れたら泣くしかないですがw)

PS3 赤ランプ点滅故障対策 その2

ヒートガンの加熱によりPS3の起動に成功したので、購入した新しいPS3に早速データを転送した。データの転送は「本体設定」→「データ転送ユーティリティ」を使う。予め2台のPS3をLANケーブル(クロス/ストレートどちらでも可)で接続。両方の映像出力をテレビにつないで、まずは転送元のPS3で、「機器認証」を解除し、あと「ネットワーク設定」を無効にしておく。それで転送元のPS3でデータ転送ユーティリティを開始。次に転送先のデータ転送ユーティリティを開始。これでデータの移行が行われる。

P1010379P1010380

開始時は残り1時間ちょっととの表示だったのだが、実際は2時間かかっても一向に終わらずww 途中で就寝してしまい、朝起きたら終わってた。

その後新PS3でデータ関係を確認したところ、無事データ移行できている感じだった。

便利な機能だがもう少し短時間で終わって欲しい。

2011.01.05

PS3 赤ランプ点滅故障対策 その1

前に書いた通り、PSサポセンに聞くと「赤ランプ点滅故障は修理に出すと基盤交換とHDD初期化になる可能性大」とのことで、セーブデータ及びtorne情報は救済できないことが決定した。なんとかして自力でPS3を起動できる状態に持っていくしかないようだ。ネットで調べると、なんと自力でこの不具合を対策してしまった人を発見した。これがそのサイト。まさに同じ症状の不具合である。この人の情報によると、赤ランプ点滅故障は、熱膨張・収縮を繰り返すメイン基板のハンダクラックが原因であると推測されている。なのでハンダクラックを起こしているであろう部分に熱風を当てハンダを融かし再接着するというのが対策方法らしい。ハンダクラックならば理屈は合っているが本当になおるのか?しかし現状データを救済する手段が全くない。相場では\16000~もかかるらしい修理に出してもデータがなくなってしまうんじゃ意味がない。眉唾っぽいけどダメもとでやってみるか。。。と葛藤していたところ、サイトのリンクにある海外で実際になおった動画を見てちょっと感動した。ヒートガンに賭けてみよう。。

ということで早速ホームセンターでヒートガンを買ってきた。

P1010374

出力温度は500℃。ちょっと値段高かったがデータ救済のためだ。あとトルクス(T10)ドライバーやシリコングリスも購入。

いよいよPS3を分解する。これも海外サイトの動画が参考になった。しかし結構パーツが多くバラすのが大変。慎重に1時間かけてなんとかバラした。

P1010372

『Cell』『RSX』についているシリコングリスを拭きとって、その周辺をヒートガンで加熱する。参考サイトではフラックスを流しこむと良いとあったが、鉛フリーハンダ対応フラックスがなかったので、フラックス無しで実施。チップごとに20秒くらいづつ、両面から加熱。その後冷めるまで待ってからシリコングリスを塗り直し、今度は元通りに組み立て。これも海外サイトの動画が参考になった。しかしまだ直ったかどうか分からない。外枠の一部を付けたところで電源ケーブルを繋ぎ電源を入れてみる。

P1010377

起動した!

ここまで2時間以上かかったが大満足。本当に動いてしまうとは。ヒートガンの加熱で直るということはたしかにハンダクラックの可能性が高い。

再発する前にさっそくデータを救済しなければ。それから、入ったままのGT5のディスクもイジェクトしといた。なお、もし直ってもこのPS3を使い続けることはないと思い、修理を始める前に新型PS3を購入した。

データ救済については別ブログで。

2011.01.04

PS3 起動しない (゚□゚;)

正月、実家から帰ってきてPS3を起動しようとしたところ、起動せずorz 電源ボタン押す→緑点灯→黄色点灯→「ピピピッ」と音が鳴って赤点滅。 ネットで調べると「赤ランプ点滅故障」と呼ばれる特に初期型にみられる故障のようだ。PSP(1000)に続きPS3もソニータイマーキタ━━━━(゜∀゜)━━━━ッ!! って言っている場合ではない。PSサポートに聞いたら修理に出すと基板交換されHDD初期化される可能性大とのこと。ちょw、頑張って走ったGT5のデータはどうなるっ!?  Torneで録りためて見てない数百の番組はっ!? ということで久々にマジ本気で対策考え中。。

2011.01.01

新年あけましておめでとうございます

今年もよろしくお願いいたします。去年は不況により生活にもしわ寄せがきて奥さんも仕事を始めたり、変化のあった一年でした。今年も厳しい状況は続くと思いますが、頑張っていこうと思います。なにより家族の健康が第一ですけどね。

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »