東京電力 電力使用状況

無料ブログはココログ

« 厄除け | トップページ | 奥さん入院 »

2011.01.22

古いお札を収める

我が家は毎年、川崎大師で厄除けのお札(ふだ)を頂いてくる。古くなったお札は、持っていって納める(お焚き上げしてもらう)のだが、今年はうっかり持っていくのを忘れてしまった。しかし川崎大師にまたいく時間もないし。そこで古いお札を納めに、我が家からそう遠くない拝島大師にいってみた。すると窓口の人に”受け取りできません”と言われてしまった。その人の話によると、お札は頂いたところに納めるべきだとのこと。それはもっともだが、なかなか行けない事情があり困っていると言ったのだが、”宗派も違うし、失礼だ”、などと言われてしまった。あくまで自分のところのお札しか受け取らない様子。 そんなこと言われても、ではひとからもらったような、場所が分からなかったりするお札やお守りはどうすればいいの? とか考えながら、しょうがないので、立川にある諏訪神社に行ってみた。すると、なんとこころよく受け取ってくれたではないか。こんなにも対応が違うことにビックリだし、困っていたので、受け取ってくれた諏訪神社に感謝の気持ちだった。 一方先に行ったほうはというと、受け取らないと言ったわりには、持っていたお札がどんなものなのか興味本位で見せてくれ、とか、これはいくらくらいの値段なのか、とか、理解しがたい対応をされ、もう二度と行くまいと心に誓ったのであった。

« 厄除け | トップページ | 奥さん入院 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 古いお札を収める:

« 厄除け | トップページ | 奥さん入院 »